軽費老人ホームとは

軽費老人ホームとは、身寄りのない方や、家族との同居が困難な方々が利用することのできる老人福祉法に基づく老人福祉施設です。

低額な料金で利用できるのが特徴です。

軽費老人ホームには、いくつかの形態があります。

軽費老人ホーム(A型)というのは、食堂が併設されていて食事のサービスを受けることができます。

高齢になってくると、炊事などが負担になってきます。

また火の元の管理などの問題も出てきますので、軽費老人ホーム(A型)はこのように食事の心配がいらいないのが一番の魅力と言えるでしょう。

軽費老人ホーム(B型)というのは、原則として食事の提供がありません。

基本的に自炊することになります。

近頃はケアハウスという形態もあり、A型のように食事が提供されますし、要介護となった場合には入居したまま在宅福祉サービスを受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です