軽費老人ホームの基準について

軽費老人ホームに入居するには、いくつかの基準があります。

ここではその基準についてご紹介します。

軽費老人ホームを利用するためには、60歳以上もしくは夫婦のどちらかが60歳以上であることが条件とされています。

また、身の回りのことについて自分で対処することができること、支払い能力があること、身寄りがない方や家族との同居ができない方であれば軽費老人ホームに入居のための基準を満たしていることになります。

認知症である場合や、自力での排泄が出来ない場合、言動などに問題がある場合などはトラブルの原因になりかねないため、入居できないケースもあります。

また、既に軽費老人ホームに入居している場合でも、退去の対象となってしまうようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です