軽費老人ホームの運営基準について

軽費老人ホームの運営基準について、軽費老人ホームの運営基準詳細については、老人福祉法において定められています。

軽費老人ホームというのは、無料または定額の料金でサービスを提供するものです。

また、入居者の意思や人格の尊重も重要視されています。

軽費老人ホームでは、それぞれの地域や家族との結びつきを尊重した運営が求められています。

運営基準の中では、軽費老人ホームにおける設備についても基準が定められています。

基本的に必要とさせている設備は、居室・談話室、娯楽室又は集会室・食堂・浴室・洗面所・便所・調理室・面談室・洗濯室又は洗濯場・宿直室などとなっています。

入居者へ提供するサービスに影響がない場合には、これらの一部を設けないという場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です